Home

北海道の東、オホーツク海に面した道東から織りを紹介しています

北海道には厳しい冬が自然の驚異や優しさを感じさせてくれます。

1m先も見えない吹雪の中、凛と立っている木々達

-20度に冷え込む朝、細い枝が凍っているけど生きている

小さな野ネズミの足跡を追ってみると木の隙間に寝床を作って生きている

人はそんな小さな野ネズミにさえ勝てない、極寒の外では暮らせない

そんな自然の強さを近くに感じながら、自然から沢山のアイディア、ヒントを貰

って作品創りをしています。

最後は土に還る事が出来る素材を使って作品創りをしてます


Litsuko Yabe

雪景色の中に2本の大きな木がたっています、雪雲の間から薄青い空がのぞいています。

Hand Woven


BLOG


EVENT



About Me


Antique & Vintage


Online Shop