レースの種類

刺繍の種類

スカラップ刺繍

生地の端を半円形にして刺繍で留めたものです。
クロスの縁処理でよく見かけますね。
スカラー刺繍とも言います。


コード刺繍

糸やテープ・リボなどを布地に刺繍で縫い付けて柄を作り出します。
糸やテープを置いてから縫うのではなく、糸やテープ等を置きながら縫うのが特長です。
テープやリボンを縫い付ける場合には、テープ刺繍、リボン刺繍とも言われます。

ピコ刺繍

穴を開けながらかがる刺繍の事です。
特殊ミシンを使用して作ります。

ピコット刺繍

穴を開けずジグザグに縫う刺繍です。
特殊ミシンで刺繍します。

ハマグリ刺繍

シジミ刺繍とも言います。
縁を貝のハマグリやシジミに似た刺繍でかがる技法です。
大きい物をハマグリ刺繍、小さい物をシジミ刺繍と呼んでいます。

ブランケット刺繍

毛布の縁をかがる為に使われる事から、ブランケット刺繍と呼ばれています。

8の字刺繍

数字の8が横につながって見える状態に並べ8の字の縁のみを縫う刺繍です。
8の字の中心部は縫わないのが特長です。

チェーンステッチ刺繍

文字通り鎖のようなステッチの刺繍です。

パルマステッチ刺繍

3列のチェーンステッチで作られています。

コーチングステッチ

コーチング(Couching)とは伏せると言う意味です。
糸を生地に乗せその糸を上からストレートステッチやバックステッチなどで留めて付けていくステッチです。

ランニングステッチ

等間隔で表・裏交互に針目を出しながら進めて刺していくステッチです。
輪郭線や細いラインを表現する時によく使われます。

サテンステッチ

間隔をつめて糸を渡し面を埋めていくステッチです。
サテン地の様な艶が特長です。
アンティーク・クロスには欠かせないステッチですね。

ロング&ショートステッチ

花びら柄などによく使われるステッチで、長短のステッチを組み合わせて、同系色の糸で陰影をつけたり、絵画の様な柄を生み出すステッチです。